夢を追う場所|学習期間を考えて行政書士の資格を取得しよう|効率的に行なう方法

学習期間を考えて行政書士の資格を取得しよう|効率的に行なう方法

勉強

夢を追う場所

レディ

資格を得られる環境

保育士になるためには、大学・短期大学・専門学校・学校には通わずに保育士資格試験の受験をする、と様々な手段がある。それぞれに長短があり、特段としてどの道が正しくて、どの道が遠回りかなどは、誰にも決められないものである。大学と短期大学では、幼稚園教諭免許も取得でき、特に大学では一種免許となるので、ゆくゆくは幼稚園の園長などという将来の幅も広がってくる。保育士資格を取得したい、保育士になりたいと思う人は、子どもが好きな人であることが多い。専門学校では、短期大学と連携して併学制度をとっているところが多いのも特徴だと言える。このように、保育士になる道は様々あり、自分がどのような保育士になりたくて、どのような勉強をして資格を取りたいのかが、明確になっていれば、自ずと資格への道は拓けるだろう。

4年制の利点

大学で4年間、保育士になるための勉強をして、資格を得る利点とは。専門学校になくて、大学にある利点とは。専門学校はその道の終点を1つに、定めて進んでいくイメージが強い。この学校に入ったからには、全員が保育園に就職し保育士になるという具合だ。しかし大学は、4年間の中で固定されずに様々な子どもと関わる仕事を模索していける傾向にある。そして、保育士資格を得られる大学の中には、保育園を運営している法人などもあり、実際に現場で隅々まで経験した上で、就職を考えられる場所もある。これは大きな利点で、専門学校では自分で実習先を探してアポを取ることが多いので、実習までにモチベーションを維持出来ないことがしばしばあるのだ。対して大学の場合、学校側が実習先を指定したりアポ取りをしてくれたりすることも多く、モチベーションを維持したまま実習に挑むことが出来る。夢に進む道をゆっくりと後押ししてくれるのが最大の利点だと思う。